赤ちゃんに授乳をする際は縦抱きの方が何かとメリットが多い

両手つながれる赤ちゃん

助産院ではいろいろなことを教えてくれる

背中を触る赤ちゃん

授乳は母子双方にとってとても大事な行為です。様々な病気から赤ちゃんを守る為に免疫を付けたい、栄養をたっぷり与えたいと思っている母親は、粉ミルクや液体ミルクも適宜利用しながら授乳してあげましょう。授乳クッションやケープなどのグッズも販売されているので、昔よりは授乳のことで悩む人も少なくなったかもしれませんが、もし縦抱きなどのやり方が上手くできずに悩んでいる人は、授乳について助産院に相談してみてはいかがでしょうか。
その助産院で出産した人しか、産後の母子ケア用のサポートを受けられないのではと思っている人もいるかもしれません。実際には他の病院や助産院で出産した人も積極的に受け入れているところも多いので、一人で抱え込んでしまうよりは気軽に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。縦抱きなどの姿勢は、赤ちゃんの人形を使ってスタッフがレクチャーしてくれます。
上手に縦抱きが出来たら、育児に関するストレスも軽減されることでしょう。授乳という行為を楽しく行えるようになります。助産院では寝かせ方のコツや、育児に関する悩み相談など総合的なサポートを行っているので、もし他にも気になっていることがある人は遠慮しないで打ち明けるようにしましょう。

  • スヤスヤ眠る赤ちゃん

    一人で抱え込むよりも助産院でアドバイスを貰おう

    初めての出産では悩むことが沢山あります。特に初めての出産なら、わからない事だらけです。周りにすぐ答えてくれる人がいればよいですが、実家が遠かったり、時間が合わなかったりしたら、一人で悩む時間が多くなってしまいます。多くのお母さんが悩むのが授乳ではないでしょうか。自分の体の変化が著しく、母乳が出るというのは自然の事とは言え、母乳が出る量には個人差がありますので、悩みも増えます。そんな時…